タイミングを見計らって車買取査定

HOME >

タイミングを見計らって車買取査定

何事においても、タイミングが大事ですよね。 ずっと準備して待っているのに、なかなかそれを実施するタイミングに恵まれない、ということもあります。 また、何も考えていなかったのに、突然・偶然のタイミングによって思いもよらない方向へ事態が進んで行くこともあるでしょう。

愛車を売ろうとして、車買取査定を行なっている会社に見積りを依頼する時にも、実はタイミングというのがあります。 一般的にも、「売ろうと思った時が売り時」「売ろうと思った時が高値」と言われますが、これは確かに車の買取査定においても同様です。 車は、結局は消耗品ですし、全てのパーツが時間と共に劣化していくことは避けられないものです。 従って、早く売った方が1円でも高い状態であると言える世界はあります。

しかし、車は若干事情が異なります。 まず、需要と供給のバランスが常に動き続けているということです。 車だけではなく社会情勢や、海外からの輸入希望の度合いなどにもよって、突如として市場で品薄となり高値で取引されることになる車種があります。 海外との関係で付け足させば、国によっては輸入できる年式の制限があるために、年が変わる前後にはそのモデルの市場価格も大きく変動したりすることがあります。

また、車は、必ずと言ってよいほど、3〜4年でモデルチェンジがあります。 新型車は当然に性能が向上している上に、価格は前のタイプとそれ程変わらないことも多いため、モデルチェンジの前後で中古車市場の価格バランスは大きく変化します。 具体的に言えば、モデルチェンジ直前になれば、前モデルの価格は下がることになります。 つまり、車買取査定を依頼しても、モデルチェンジの時期との関わりで、査定金額も変化し得るという結論になります。 更に、そのままずっと下がり続けるのかと言えば、新型車が不評で売上が伸び悩んでいる場合などは、前モデルの人気が再び高まるために、販売価格は釣り上がり、従って買取金額も高くなる傾向にあります。

この辺り、素人ではなかなか“売り時”を判断できないので、査定を行う会社やお店の人と日頃から仲良くしておくのが、最もベストなタイミングに巡りあうポイントかも知れません。


TOP
エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違いFF駆動とFR駆動のメリットとデメリット
スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR4つのタイヤ全部が駆動する4WD
油圧式パワーステと電動式パワーステ主流は?