FF駆動とFR駆動のメリットとデメリット

HOME > FF駆動とFR駆動のメリットとデメリット

FF駆動とFR駆動のメリットとデメリット

ドライバーから見て前方部にエンジンとトランスミッションが積み込まれ、その動力により前輪を動かす駆動方式のFFと、エンジンとトランスミッションは前に置きながらプロペラシャフトでその動力を伝え後輪を回転させるFR。 それぞれにメリットとデメリットが存在するが、今回はその部分を掘り下げてみようと思います。 まずは、FFからいってみましょう。

今やほとんどがFFと言っても過言ではないのではないでしょうか。 ほとんどの動力源を車の前の部分に配置することで車内のスペースが大きく確保できるのが一番のメリツトと言えるでしょう。 動力性能や走行性能というより、居住性や実用性が優先される車に多く採用されているようです。

最近人気の軽自動車やコンパクトカーなどの小さい車でも、驚くほどの居住性を確保できているのはこの方式によるところが大きいと思われます。 その反面、総重量のかなりの部分が前方部分に集まっているため、前後の重量バランスが良くない車種も多い。 昔から言われている、FFはコーナーリング時に車が外側に膨らむアンダーステアが出やすいというのは、重量バランスが良くない影響によるデメリットでもある。

次にFRいってみましょう。 かつての車はほとんどがFRであったと聞いたことがありますが、そのFRのメリットはFFとは真逆のバランスの良さにあります。 車の前後に動力源と駆動システムが配置されているので、前後の重量バランスは均一にしやすいということになります。 さらに、コーナーではイメージどおりのラインで走行できることや操舵性の優秀さは特筆するものがあります。

主に走行性能に良さを発揮するタイプと考えてもいいでしょう。 さて、デメリットは?と考えると、やはり車内の狭さになるでしょうか。 プロペラシャフトが車内の床に出ているため、居住性や快適さは犠牲になってしまうようです。 それとFFと比較して部品数が多いことによるコストアップもマイナスポイントになるようです。


TOP
エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違いFF駆動とFR駆動のメリットとデメリット
スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR4つのタイヤ全部が駆動する4WD
油圧式パワステと電動式パワステ主流は?