4つのタイヤ全部が駆動する4WD

HOME > 4つのタイヤ全部が駆動する4WD

4つのタイヤ全部が駆動する4WD

一口に駆動方式と言ってもFF、FR、MR、RRとは一線を画す4WD. FF、FR、MR、RRは、後輪ないし前輪を駆動させるモノをいうのだが、4WDは4つのタイヤ全部が駆動輪となってクルマを動かしている。 元来、起伏の激しい道路や雨、雪、凍結などで滑りやすくなった道路を安定して走行できるようにと考えられたのが4WDである。

安定性の高さには定評があり、オフロードやアウトドア思考のユーザーだけではなくシティーユースのユーザーにも評価されており、オンロードを主体とした4WDのクルマも数多く開発されている。 FRと同様に、変速機から後方にドライブシャフトがあるが、車内に与える影響は少なく居住性や実用性に弊害は少ない。

また、運転する人の必要状況にあわせて4WDから2WDへ、2WDから4WDへとスイッチやボタン1つで切り替えのできるパートタイム方式と、常時タイヤを駆動させタイヤに伝えるパワーを自動配分してくれるフルタイム4WDがある。 FF、FR、MR、RRとおなじく、4WDにもフロントエンジンのクルマとリアエンジンのクルマがありますが、4つのタイヤに直接パワーが伝えられるるので高速での走行や直進安定性などの操舵性に優れるシステムといえるでしょう。

良いことばかりの4WDですが、やはりデメリットも存在し、部品数増加に伴うコストの高騰や重量過多による燃費性能の悪さなどがあげられます。 コストの問題はおさいふに直撃しますから、避けては通れない問題ですね。

上記したように走行性能だけを考えれば、4WDは申し分のないクルマということになりますが、その高い走行性能を得る代償として削られているものが多いということも理解しておいてください。 ですが、4WDはこれからまだまだ発展が望める駆動方式ですので、そのあたりのデメリットも改善されていくと思われますので4WDに期待をするのもいいかもしれません。


TOP
エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違いFF駆動とFR駆動のメリットとデメリット
スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR4つのタイヤ全部が駆動する4WD
油圧式パワステと電動式パワステ主流は?