エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違い

HOME > エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違い

エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違い

駆動方式というのは、動力源であるエンジンのパワーを如何にしてタイヤに伝えるかその方法のことを言います。 大きく分けるとFF、FR、MR、RR、4WD、などに分類され、このあたりの駆動方式はテレビや雑誌などで聴いたり見かけてリすることもあるとおもいます。 ですが、実際細かい所まで理解しているかというと、どうもそうでもない方が多いようで、そんな方のためにチョット説明してみようかとおもいます。

そもそも、FF、FR、MR、RR、4WDこれらは、ある言葉が省略されており、その言葉の頭の文字だけが使われているのです。 FFはフロントエンジン、フロント駆動、FRはフロントエンジン、リア駆動、MRはミッドシップエンジン、リア駆動、RRはリアエンジン、リア駆動、4WDはFour Wheel Driveとなります。

つまり、FFやFRという表現方法は、動力源であるエンジンを車の前、真ん中、後ろのどの場所に搭載しているのかと、前輪、後輪、若しくは4つ、どのタイヤを駆動させているのかを表現しているのです。 これらの動力源の配置や駆動方式の違いは、そらぞれにメリットやデメリットがあって車を購入する際には重要なファクターの1つになっている。

ちなみに、一般的にエンジンが前の方に搭載されている車は室内が広く確保されるとか、後ろに搭載されている車には後輪のうえにエンジンの荷重がかかることでパワーを無駄なくタイヤから直接路面に伝えられるなどの利点がある。

最近は動力源であるエンジンの大きさを極力抑え、室内を大きくとれるFFが主流となっているが、エンジンや変速機、ドライブシャフトなどがバランスよく配置されたFRも見直されているようである。 ファミリー向けにはFF、走りを追求するならFRというふうに目的別に選択するべきである。


TOP
エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違いFF駆動とFR駆動のメリットとデメリット
スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR4つのタイヤ全部が駆動する4WD
油圧式パワステと電動式パワステ主流は?