スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR

HOME > スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR

スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR

ミッドシップエンジンライアドライブの略称がMR。 MRを簡単に言葉で説明してみると、エンジンが後輪より前にあって車体の中央付近に搭載された駆動輪は後輪のクルマということになります。 このタイプは、スポーティーな走りが要求されるクルマに多く用いられ、あの有名なフェラーリなどもMR仕様になっています。

モータースポーツなどの、スピードやハードな走りを要求されるクルマに使われることの多いこの駆動方式は、クルマに乗る人のみならずエンジンが中央付近に搭載されることで、重量のバランスが安定するということがメリットとなります。 重量バランスの安定は操舵性の鋭敏さに突出させることに繋がり、結果、走行性能の追求にはMRは欠かせないモノになっている。

その反面、そのポテンシャルを引き出すには運転技術にも高度な技術が要求されることや、中央付近にエンジンを搭載することで乗員数や荷物の積載量が限られてしまうことがデメリットになっている。 一方RRは、後輪の後ろ、つまり、普通の3ボックスでいうところのトランクにとkろにエンジンが搭載され、尚且つ後輪タイヤを駆動させているクルマのことを言います。

エンジンなどの大きく重量のあるものが車体後方部に集中していることで、車内などの空間確保の効率が高いのはFFと同様でバスなどはほとんどがRRの駆動方式を採用している。 それに加えて、RRの特長としては後輪タイヤにエンジンなどの荷重がかかることで、パワー効率に無駄が少なくタイヤから路面に伝えられることがメリットとなる。

しかし、ここでもバランスの問題が取り上げられることが多く、後方に集中した重量が前後のバランス影響を及ぼし、カーブなどにスピードを高めに進入するとリアタイヤが激しく滑るという一面もあるようです。 これは、コーナーリングのテクニックとしても使われることがありますが、普通に走行している場合には必要のないものですし危険なのでRRを運転する際には注意しましょう。


TOP
エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違いFF駆動とFR駆動のメリットとデメリット
スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR4つのタイヤ全部が駆動する4WD
油圧式パワステと電動式パワステ主流は?