油圧式パワステと電動式パワステ主流は?

HOME > 油圧式パワステと電動式パワステ主流は?

油圧式パワステと電動式パワステ主流は?

パワーステアリングとは、油圧や電動でハンドル操作時に生じる抵抗を軽減するシステムのことをいいます。 油圧や電動と上記しましたが、現在パワーステアリングは油圧式と電動式どちらがが多く使われているのでしょうか。

油圧式パワーステアリングはオイルを利用してエンジンを使って駆動させるため、搭載されているエンジンの出力が小さいクルマほどパワーロスが大きく燃費性能にも少なからず影響を与える。 システム的には確立されているものなので、システムに対しての信頼性や低コストであることなどの魅力があるようです。

一方、電動式パワーステアリングはそのデメリットを最小限に抑えられたものとして、近年増加してきているシステムだある。 電動式パワーステアリングは、操作時の補助に電動モータの力を直接利用するシステムで低燃費が実現できます。 エンジンの助けを借りないので燃費に影響を与えないということです。

また、油圧式のパワーステアリングポンプが不要となり、これがなくなればさらなる軽量化に繋がりその結果これも燃費が向上ということになるのです。 電動式パワーステアリング出始めの頃は、操作性に不満があるという声が多くあまり積極的に取り入れる人はいなかったが、最近の電動式パワーステアリングは改善がなされているようである。

ただ、油圧式パワーステアリングよりも出力が劣るのは如何ともし難く、大きい出力が必要とされる大型車には不向きという弱点もある。 そんなこともあり、現在のパワーステアリング事情は大きくないクルマが電動式パワーステアリングを多くのメーカーが採用し、 大きめのクルマでは油圧式のパワーステアリングが電動式パワーステアリングより採用されているのが実情のようです。


TOP
エンジンの搭載場所とタイヤの駆動方式の違いFF駆動とFR駆動のメリットとデメリット
スポーツカーに多いMRとバスに多く採用されるRR4つのタイヤ全部が駆動する4WD
油圧式パワステと電動式パワステ主流は?